FAQ     - 流産について -

流産について
流産後のおっぱいの張り

流産後おっぱいが出る
初期流産?(1)
初期流産?(2)
流産手術後の妊娠
2回の初期流産
流産手術後の経過
流産後なのに妊娠反応が陽性に出た
妊娠中期の流産
流産手術は必ず必要ですか?
予定生理日頃に出血しました(月経様出血)
月経様出血と月経の区別?

[HOME]

[Question] −流産について−

私は約1ヶ月前流産をしてしまいました。
お医者様からは2,3度生理を見たら、また妊娠してもいいです と言われたのですが、また同じ流産をしてしまうような気がして不安です。
また、どんな検査や診療をしていただけるのでしょうか。お教えください。

[Answer]

妊娠初期の流産は、赤ちゃんに運悪く異常があった場合に起きるもので、誰でも10-15%の確率で起こります。決して、無理したからとか、子宮が悪いから起きるものではありません。精子と卵子が受精して育っていく過程には、いろいろなトラブルが自然に起きるからです。

次もまた流産になることも15%程度はありますが、原因があって治療しないと何回でも流産になる方(習慣流産)は別として、一般の患者さんにとって流産は癖になるものではありません。

3回以上続けて流産になる場合を習慣流産といって、保険診療上検査の対象です。 2回の流産でも検査を受けた方がよいと思われる場合もありますので、主治医の先生とよくご相談ください。

普通の流産は、誰でも単純に一定の確率で起きるものですので、次回妊娠の 間隔をあける意味はなく、いい赤ちゃんにあたればうまくいくものですから、当院では、1回でも生理が来たら早く妊娠されるようにお勧めしています。(2004.4 追加)

 

[Question]  −流産後のおっぱいの張り−

妊娠中から乳がはって少々痛かったのですが、その痛みが流産手術後も続いていて、 乳首から透明の液がでてきました。しぼるとどんどんでてきますが、どのようにしたら よいのでしょうか。ほっといていいのでしょうか。

[Answer]

赤ちゃんが生まれるとオッパイが出ますが、流産でも同じことが 起きることがあります。 普通、数日で止まりますが、量がどんどん増えるようでしたら、 薬で止めた方がよいと思いますので、ご来院ください。 しぼると止まりにくくなりますので、しぼらないでください。


[Question] −流産後おっぱいが出る−
 
流産の手術後2ヶ月してもごく少量お乳が出るので受診しました。先生にはそのままよいと言われましたが、調べたら止めた方がよいと書いてありました。大丈夫でしょうか。

[Answer]
 
おっぱいは、プロラクチンという下垂体ホルモンが増えると出ます。プロラクチンが増えると、卵巣を刺激するゴナドトロピンが減少しますので生理が来なくなります。お産や流産のあと生理が来なくなるのはこのためです。

プロラクチンは、すごく多いと生理がなくなり、やや多いと月経周期が長くなり、少し多い程度の場合は高温期が短くなります。ですから、プロラクチンは増やしたくないのです。

乳首の刺激でもプロラクチンは増加しますので、出来るだけ絞ってはいけません。今回は、流産の影響と思いますが、非常にまれに下垂体腫瘍や薬物によりプロラクチンが増加している場合もありますので、続くようでしたらもう一度受診してプロラクチンの値を血液で調べていただいてください。

[Question]  −初期流産?(1)

現在25歳でここ3〜4年、一度も遅れなかった生理が1週間遅れ、下腹部痛のあと少し出血して大きな血の塊が出ました。その後も出血は続いているのですが、量はかなり少ないです。子宮内膜症で普段から生理痛はひどいほうなのですが、今回の痛み方がいつもと違うので気になります。

流産していた可能性も考えられますか?

[Answer]

生理が遅れただけの可能性もありますが、流産の可能性も否定できません。受診をお勧めします。尿の妊娠反応が陰性でも、血液検査なら感度が高いので、早ければ、流産かどうか診断できる可能性があります。

 

[Question]   −初期流産?(2)−

流産の場合、一部子宮の中に残ってしまうと、病院で取り出してもらわないといけないと、インターネットで知りました。早く処置しな いといけないのでしょうか?

[Answer]

初期流産は、皆さんが思っているよりも非常にたくさんあります。非常に初期のものも含めると、妊娠の50−60%が流産になるといわれています。したがって、 普通の生理と思っているものの中にもたくさんの流産が含まれています。普通の尿の妊娠検査で妊娠の判定ができる時期になってからでも妊娠の10−15%は流産です。

初期流産のほとんどは自然に全部排出されて、残ることはまずありません。当院では妊娠6週未満の流産は、普通手術はしていません。ですから早い処置が必要なのではありません。

子宮内膜症がある場合、妊娠しにくいことがあります。しかし、流産するということは妊娠できることが証明されるわけですから、そういう意味もあり受診をお勧めし ます。

 

[Question] −流産手術後の妊娠−

稽留流産で手術しました。その後、基礎体温で高温期が14日間続いた後低温期がきたのですが、たったの2日間だけでまた高温期になり 今日で2日目です。

これは、『排卵があった』と考えられるのでしょうか? 手術より14日目に避妊をせずに、性生活をしてしまいました。もし、排卵があり妊娠した場合は、子宮の状態は妊娠に耐えられるのでしょうか?

1〜2回生理をみてから、妊娠するようにと本などにも書いてありますし,ちょっと,心配です。

[Answer]

基礎体温が2日高いだけでは、排卵があったかどうかはわかりません。超音波で確認することもできますが、もう数日体温をつけて待てばわかることですから受診の必要はありません。

当院では、次の生理までは妊娠しないこと、手術後の子宮は感染が起きやすいですからコンドームを使うことを説明しています。

しかし、間違って妊娠したからといってそれほど心配しなくて大丈夫です。(2001.10)


[Question]  −2回の初期流産−

今年の6月に4ミリの胎嚢が見られましたが、それから発育せず流産しました。次に9月上旬には4週で陽性反応が出 ましたが、胎嚢もみられず、出血し初期流産になりました。

2度とも、6週以上妊娠が継続しないのは何か問題があるからなのでしょうか。妊娠判定が出るまで、たばこを吸っていたのが原因なのでしょうか。さすがに、2度連続の流産でかなり意気消沈してしまいました。今後、どうすればいいのでしょうか。

[Answer]

妊娠の10−15%は必ず流産ですので、流産はとてもたくさんあるし、 運悪く2回続くこともありますよ・・・と患者さんにお話しても、患者さんはなぜ私だけと思われる方がほとんどです。

それは、子供が生まれたことは人に話しても、流産したことは人に話さないからだと思います。友達何人かに尋ねてみたらどうですか。10人に聞けば必ず一人以上流産の経験者がいますから。

流産は、妊娠の第一歩であり、不妊症でないことがわかったわけですから、有難いことだと考えてもよいと思います。

連続して3回流産が続いた場合を習慣流産といって、保険診療上、初めて検査や治療の対象 になります。2回の流産でも検査を受けた方がよいと思われる場合もありますので、それについては主治医の先生にご相談ください。

あなたは、まだ2回の初期流産ですし、しかも2回とも妊娠4週の初期流産ですので、流産の回数に含めるほどではないのかもしれません。

胎嚢が4ミリというのは妊娠4週3日の大きさですし、胎嚢が見えないというのは妊娠4週1日までの大きさです。この時期は最近の妊娠反応は感度が高いため流産だと判断できますが、10数年前なら、当時の妊娠反応は感度が悪く 妊娠とわからないため、流産の回数には入りませんでした。

初期流産のほとんどは胎児の異常が原因ですので、心配せずに早く次の妊娠をされたらいいと思います。(2001.10 2004.4追加)

 

[Question] −流産手術後の経過−

けい留流産後の症状について、お尋ねしたいことがあり、メールしました。先週、定期検診で、胎児の心音がなくなっていることがわかり、子宮内をきれいにする手術を受けました。ちょうど 妊娠10週でした。

手術後、2,3日で、出血が止まり、腹痛もそれほどひどくありませんでしたが、4日目くらいから、腸にガスがたまっていたり、排便の時に、ひどくおなかが苦しくなり、肛門の奥あたりが痛みました。ガスが腸内で動くと、その部分が痛みました。その状態が4日程度続き、徐々に軽くなり、今日は、まったく痛みもありません。でも、ほとんど止まっていた出血が、今日になりまた始まり(通常生理の時の4日目程度で、それほど多くないです)ました。

手術後の3日目の病院の検査では、子宮内はきれいになっているということでした。手術後の薬の処方はなく、普通どおりの生活を送っています。

気分転換に、2週間後に旅行を計画していますが、大丈夫でしょうか?よろしくお願いします。

[Answer]

妊娠10週相当の流産手術ですと、手術後2週間近く出血が続いてもおかしくはありません。また、手術後すぐの出血は多くないのに、3−4日してから増えるのも普通です。手術後、子宮がすぐに収縮するとは限らず、3−4日経ってから収縮することもあり、生理痛のような痛みを伴いながら出血が増えます。また、子宮は収縮し、中の血液を追い出して小さくなることを繰り返しながら 元に戻っていくわけですから、出血は増えたり減ったりを繰り返しながら徐々に減っていくのが普通と考えてください。

それまで特に問題がなければ、2週間先の旅行も問題ないと思います。(2001.10)

 

[Question] −流産後なのに妊娠反応が陽性に出た−

10日ほど前に流産してしまったのですが、未だに少量の出血と胸の張りがあります。気になって検査薬を試したところ、まだ陽性の反応が出ています。

確実に流産が済んでいないということでしょうか?
時間が経てば大丈夫なのでしょうか?
下腹部の圧迫感や痛みもまだあり、とても心配です。

[Answer]

10日前の流産でしたら、妊娠反応はまだ出るのが普通です。
出血もまだ続くこともあります。

ただし、感染などを起こしてお腹が痛い場合もありますので、心配でしたら病院を受診された方がよいと思います。(2001.10)

 

[Question] −妊娠中期の流産−

妊娠6カ月に入り安定期と安心していたら、突然の破水により流産してしまいました。残念ながら、育つのは不可能でした。原因がわからないということだったので、次の妊娠が不安でたまりません。原因や予防法はありますか?

[Answer]
 
頸管無力症や感染などが原因として多いですが、原因がわからなければ予防法も決まりません。主治医の先生には、原因になりそうなものがある程度お分かりになると思いますので、対策については主治医の先生とよく相談するべきです。

頸管無力症が原因なら子宮口を縛ったり、感染が原因なら妊娠中のセックスを控えたりします。子宮の形に異常がある場合もあるので、子宮卵管造影検査を妊娠前に受けておいた方がよいと思います。

患者様は妊娠中期を安定期と言いますが、私は妊娠中に安定期など存在しないと考えています。妊娠中期は、初期の流産と後期の早産の谷間になるので、一見流早産が少ないだけであり、決して安定しているのではありません。産婦人科医からみれば、一定の確率で必ず妊娠中期にも流早産はあるのです。でもそれほど多くはありませんので、ほとんどの患者様は何もしなくても次は流産しないものです。(2003.8)

 

[Question] −流産手術は必ず必要ですか?−

残念ながら、妊娠8週で流産しました。7週の時には、元気な心拍も確認できました。「心拍が停止しましたが、手術をしなくても自然にでてくるのを待ってもいい」と先生に言われ、自然に出てくるのを待ち、現在は出血もほとんど止まっています。いろんなネットを見ていると、大部分の流産の方は手術をされているようですが、手術をした場合としていない場合の違いや注意点はありますか?私は普通に生活して仕事も続けていますが大丈夫でしょうか?

[Answer]

流産の場合、私どもでは、胎嚢の直径が20mm程度(妊娠6週くらい)を目安に手術するかしないかを判断していることが多いです。胎嚢がたとえ小さくても全例手術される先生が実際には多いようですが、私は必ず必要な手術でないと考えています。妊娠4週から8週頃の流産のほとんどは自然に全部排出します。しかし、その過程でまれに多量に出血することがあったり、流産の前後に運悪く子宮内感染が起きることがあり、そのようなトラブルを避けるための手術と考えてよいと思います。自然にきれいに流産したのであれば、それで大丈夫です。子宮が完全にきれいになるまでは、感染を避ける必要があります。ですから、セックスは完全に止血するまでは避けるべきです。日常の生活は普通でよいと思いますが、入浴などは主治医の先生の指示に従ってください。(2005.5)

 

[Question] −予定生理日頃に出血しましたが、着床出血でしょうか?−

不妊治療中です。そろそろ生理が来る時期ですが、昨日から少量の出血があります。体温は、昨日も今日も高温期の状態です。着床出血と考えて、しばらく様子を見ているだけでよろしいでしょうか?

[Answer]

月経様出血の可能性がありますので、まず妊娠検査薬で確かめてください。陽性なら、月経様出血・子宮外妊娠・流産などが考えられますが、生理様の多い出血や腹痛がなければ、数日経過をみてからの受診でよいと思います。

着床出血」の言葉の意味がわかりませんでしたので、調べてみました。「着床出血」という言葉は、日本の産婦人科医の使う医学用語にはありません。Yahooで検索するとH16年には336件でしたが、今は3000件以上出てきます。どれも患者様などの文章ばかりで、医師が「着床出血」と書いているものはないようです。implantation bleedingで検索するともっとたくさん出てきます。

http://www.femalehealthmadesimple.com/Implantation.html によれば
Typical implantation bleeding occurs about four weeks after the last menstrual period. It is usually less and darker than the person's normal menstruation. The diagnosis of typical implantation bleeding is made in retrospect. The duration of the pregnancy is four weeks more than expected, because the last period recorded by the patient was the implantation bleeding and not her last menstruation.
Implantation bleeding has no adverse effects on a pregnancy.

の記載があり、implantation bleedingは妊娠時に次回の生理が来る頃に起こる少量の出血のことで、妊娠に悪影響はないことがわかります。これは、日本では「月経様出血」と言います。

これらのことより、英語で使うimplantation bleedingを、誰かが直訳して「着床出血」と書いたものが拡がった言葉のようです。ネットでは、「生理が来ても妊娠している事があるってホントですか?」などの質問に対する答えなどで「着床出血」という間違った言葉がどんどん拡がっています。言葉は間違っていてもちゃんと生理頃に起きる出血と書いているものありますが、「排卵後1週間で起きる」という間違った解説や「妊娠生理」などという言葉もあります。ネットの恐ろしさを感じます。

妊娠を不安に思う方が多いために間違った言葉が拡がったのでしょうが、月経様出血は、予定生理頃の1〜3日程度の通常少量の出血であり、妊娠していてもまれにしか起こらないものです。いつもと同じくらいの出血であれば妊娠を心配する必要はありませんし、心配なら妊娠検査薬を使えば判断できます。(2005.5)

 

[Question] −月経様出血と月経の区別はつきますか?

月経様出血と通常の月経の出血の仕方は素人でも判断がつくでしょうか?
レバー状のものは月経様出血でも見られますか?
もし妊娠検査薬を使用するとしたら、いつの時期がいいのですか?

[Answer]

出血の状態だけでは、区別はつきません。月経様出血は、1〜3日の少量の場合がほとんどですが、まれには生理のように多い場合もあるからです。
妊娠検査は生理の3日くらい前から陽性になりますから、月経様出血であれば、出血があった時点で検査は陽性に出ます。
妊娠した時の月経様出血は、それほど起きる出血ではありません。妊娠を望まない場合でも、中絶に適する妊娠6週ころまでには2週間の余裕がありますから、急いで妊娠検査薬を使う必要はないと考えます。(2005.5)

 

[HOME]